錦秋の古都・東福寺

 

紅葉する 四方の高嶺を 見渡せば 空に錦を 引きぞめぐらす (貧道集)前参議教長

 

伏見稲荷大社〜東福寺〜羅刹谷(らせつこく)推定地〜泉涌寺〜今熊野観音寺〜即成院〜塚本社跡、田中神社

 

撞木町遊郭跡

慶長9年(1604年)、渡辺掃部、前原八右衛門の両名により開設されました。伏見の発展と共に元禄期(1688〜1704年)全盛を迎え、元赤穂藩家老・大石良雄(内蔵助)が敵の目を欺く為、この地で遊興した事で知られます。

撞木町遊郭跡 大石良雄(内蔵助)遊興の地記念碑 撞木町遊郭遊郭之碑

墨染発電所(墨染インクライン跡)

豊臣秀吉が伏見城の築城時に外堀として開削した濠川と、疎水の水運に役立てる為に明治27年(1894年)、インクライン(傾斜鉄道)で両川を連結しました。完成した当時、1日に100隻もの船を上げ下げしたそうです。しかし、戦後使用されなくなり、昭和34年(1959年)、レールも撤去されました。一方では、疎水と濠川の落差を利用した発電を目的に墨染発電所ができました。その電気を、日本最初の「チンチン電車」として伏見〜京都間を走った電車に供給しました。現在も発電されており伏見界隈などに送電されています。

左奥に濠川に舟を上下さすインクライン(傾斜鉄道)があった墨染発電所 琵琶湖疎水
京阪電車 えぇなぁ〜 (@^▽^@) @琵琶湖疎水 国鉄最古の鉄道遺構・ランプ小屋

伏見稲荷大社

欽明天皇が即位(531年又は539年)される前の事について、「日本書紀」では次のように書かれています。稲荷大神のご鎮座は秦(はたの)伊呂巨(具)(いろこ(ぐ))によって和銅4年(711年)2月初午の日に、なったと伝えられており、秦大津父とこの伊呂巨(具)との200年たらずの脈絡についてはほとんど不明です。太秦の秦氏族は、記録の上では大宝元年(701年)、桂川畔にそびえる松尾山に松尾神を奉鎮、深草の秦氏族は、和銅4年(711年)、稲荷山三ケ峰の平らな処に稲荷神を奉鎮し、山城盆地を中心にして、御神威赫々たる大神があたかも鼎立する結果となりました・・・一千年前に清少納言も足を運んだと伝えます。鉄道唱歌歌碑

鉄道唱歌之歌碑 伏見稲荷大社表参道
えぇなぁ〜 (@^▽^@) 豊臣秀吉が造営した楼門(重文:桃山期) 拝殿

千本鳥居は義経千本桜「鳥居前」の舞台、命婦社(みょうぶしゃ:奥の院奉拝所)、おもかる石

義経千本桜「鳥居前」(千本鳥居)・・・歌舞伎演目で特に人気の高い「義経千本桜」二段の口「鳥居前」の鳥居とは稲荷大社の千本鳥居を指しています。主役は義経ではなく滅び行く平家の武将達を描いています。義経が静に形見として「初音の鼓」を与えた後、静を助ける佐藤忠信が登場しますが実は狐が忠信に変化していました。狐(忠信)は鼓の皮に使われた狐の子である事を明かし親を慕う子の心を思った義経は狐に初音の鼓を与えました。命婦社(みょうぶしゃ:奥の院奉拝所)・・・本殿の東方、千本鳥居を抜けたお山への上り口、通称「命婦谷」にあり一に「奥の院」の名で知られています。この奥の院奉拝所はお山を遥拝する所で、稲荷山三ケ峰は、この社殿の背後に位置しています。参道は左右二本あってその両側には鳥居が林立し、あたかもトンネルの有様で「千本鳥居」と称され稲荷大社の名勝となっています。おもかる石・・・灯篭の前で願い事の成就可否を念じて石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、そのときに感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難しとする一種の神占石です。

本殿(内拝殿) 幽邃な雰囲気を醸し出す千本鳥居 奥社奉拝所(命婦社)

おもかる石

灯篭の前で願い事の成就可否を念じて石灯篭の空輪(頭)を持ち上げ、その時に感じる重さが、自分が予想していたよりも軽ければ願い事が叶い、重ければ叶い難しとする一種の神占石です。

おもかる石 奇妙大明神とも言われる膝松さん(根上り松) 阿保(あぼ)親王塚

阿保(あぼ)親王

平城天皇の第一皇子。母は葛井道依の娘藤子で桓武天皇の孫にあたり、妃は桓武天皇の皇女・伊都内親王。在原行平、在原業平などの父。弘仁元年(810年)、「薬子の変」に連座して大宰権帥に左遷され、弘仁15年(824年)に平城上皇が亡くなった後、嵯峨天皇によって入京を許される。その後、上野国、上総国の太守や治部卿、兵部卿、弾正尹等を歴任。天長3年(826年)、行平以下の子供等に在原姓を賜わり臣籍降下させる。だがこうした配慮にもかかわらず、嵯峨天皇が宮廷内の権力を固める中、嫡流の地位を失ったとは言え、桓武天皇の嫡系の孫である阿保親王の動向は注目の対象でした。ついに橘逸勢らから「承和の変」の計画を相談されるが、親王は与せずに、逸勢の従姉妹・皇太后・橘嘉智子に密書にて判断を委ねた。変の直後に急死した為、橘逸勢らの祟りによって殺されたと噂されたと伝える。

阿保(あぼ)親王塚 徳川家康正室・旭姫(豊臣秀吉異父妹)が眠る東福寺塔頭・南明院
東福寺塔頭・正覚庵(筆寺) 境内 廃筆の労を謝する塚を築いた筆塚

東福寺

臨済宗東福寺派の大本山で慧日山(えにちざん)と号します。6万坪(約20万u)に及ぶ広大な境内には本堂以下、幾多の堂舎が甍を並べています。当寺は平安中期以来、藤原氏の氏寺として藤原忠平が建立した法性寺(ほっしょうじ)に関白・九条道家(藤原道家)が聖一国師を請しで開山とし、鎌倉時代の嘉禎2年(1236年)に創立にかかり、19年後の建長7年(1255年)に竣工した九条家の氏寺で奈良の東大寺と興福寺の一字づつを採って東福寺と名付けました。当初は天台、真言、禅の三宗兼学院でしたが後に臨済禅寺となり、室町時代には禅宗五山の一に数えられる大寺となり塔頭子院37宇に及び壮観さは俗に「東福寺の伽藍面(がらんづら)」と言われました。中世の兵火にしばしば、罹災し大半を焼亡しました。更に明治14年(1881年)12月、方丈からの失火によって惜しくも仏殿、法堂、方丈などを焼失しましたが、三門、東司(とうす)、禅堂は類焼を免れました。明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)と失火で荒廃しましたが、現在の仏殿が竣工したのは昭和9年(1934年)で法堂は未だ再建に至っていません。塔頭25、末寺院370ヶ寺を統括します。国宝の三門は応永年間(1394〜1428年)の再建で禅宗寺院三門中では、最古です。

高名な書道家や画家の筆塚 東福寺
禅宗寺院便所の古形式を伝える珍しい遺構の東司(重文・室町期) 禅宗三門最古の三門(国宝:室町期)
三門からの仏殿 仏殿 侘びやなぁ〜 (@^▽^@)
東福寺三名橋の一・通天橋
Beautiful〜!!!(・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
Wonderful〜! (・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
東福寺三名橋の一・通天橋
えぇなぁ〜 (@^▽^@)
東福寺三名橋の一・臥雲橋(がうんきょう) えぇなぁ〜 (@^▽^@)
通天橋 開山堂(常楽庵)への回廊 開山堂(常楽庵)
屋上に閣を持つ類例を見ない開山堂 開山堂庭園
美しいなぁ〜 (@^▽^@) 八角小円堂の愛染堂(重文・室町期)
萌え萌え〜と萌えてます・・・まさに錦秋!!!\(◎o◎)/!どんだけ〜
えぇなぁ〜 (@^▽^@) 東福寺三名橋の一・通天橋
Wonderful〜! (・_・)☆ヾ(^^ ) 欧米か?!
オッパッピ〜(・_・)☆ヾ(^^ ) 小島よしおか?!・・・何のこっちゃ?!(^^ゞ

羅刹谷(らせつこく)

東福寺〜泉涌寺の渓谷をかつて羅刹谷と言いました・・・恵心僧都源信(比叡山横川天台宗座主)が、羅刹谷を歩いていると、絶世の美女が現れ、源信を誘うと谷奥の棲家へ連れて行きました。美しい女の本性は、恐ろしい人食い鬼(羅刹)でした。しかし源信は、美女の正体を見破り、仏道に精進する高僧であったので羅刹は触れる事もできずに、やむなく羅刹は源信を谷の外まで帰したという伝説があります。所持している古絵図を元に辿るとこの辺りが、かつての羅刹谷に至る近辺と私的に推察しました・・・ミステリーな京都鬼伝説の一です。

えぇなぁ〜 (@^▽^@) 東福寺三名橋の一・通天橋 所持する古絵図で示される羅刹谷あたり
鬱蒼とした森が、羅刹谷の人食い鬼伝説の雰囲気を醸し出してるような・・・ 悲田院(泉涌寺七福神巡第6番 毘沙門天)
洛中俯瞰・・・愛宕山〜北山〜比叡山、東山も一望 \(◎o◎)/!@悲田院

泉涌寺(せんにゅうじ)

真言宗泉涌寺派の大本山で東山(とうざん)または、泉山(せんざん)と号する皇室の香華院(菩提所)です。寺伝によると当寺は鎌倉時代の建暦元年(1211年)、宋国から帰朝した俊芿  (しゅんじょう)律師が当地で久しく荒廃していた仙遊寺地を得、伽藍を建立しました。この時、境内に新しい清泉が湧出したので寺名を泉涌寺と改めたと伝えます。二世・湛海(たんかい)も師の衣鉢を継いで二度も入宋し宋文化を吸収する上に大きな貢献をしました。文明2年(1470年)の兵火によって全山焼失し天正、慶長頃から漸次復興に努めました。仏殿や舎利殿は寛文9年(1669年)、後水尾天皇の院宣によって再建されました。当寺の伽藍が一見、禅宗的な雰囲気に感じるのは宋寺の規模によって建てられたからで当寺安置の諸仏像も多分に宋風彫刻が見られるのは、これが為です。仁治3年(1242年)、四条天皇の月輪陵が寺内に営まれてより歴代天皇の御陵所となり、後水尾天皇から孝明天皇に至る多くの天皇、皇妃が葬られました。故に境内は常に清浄され他寺院に見られぬ尊厳さと品格さが漂っています。

泉涌寺総門 泉涌寺 仏殿への参道

今熊野観音寺

真言宗泉涌寺派に属し西国三十三ヶ所観音霊場の第十五番札所で創建は定かでありませんが寺伝によれば平安時代、斉衡年間に山本左大臣藤原緒嗣(おつぐ)が伽藍を造営したと伝わります。一説には弘法大師が熊野権現の化身の老翁から一体の観音像を授けられて創立したのが起こりとも伝えます。後白河法皇が新熊野(いまくまの)社を創建された時に当寺を新那智山と称された。本殿背後の墓地には慈円僧正、藤原忠通、長家の墓とされる見事な石造宝塔三基(鎌倉期)があります。

手前から三門(国宝:室町期)、仏殿 孝明天皇後月輪東山陵 一ノ橋川に架かる鳥居橋
観音寺参道 子まもり大師  えぇなぁ〜 (@^▽^@)
境内 三重石塔(平安期) 大師堂

即成院(そくじょういん)「平家物語」屋島合戦のヒーロー・那須与一(なすのよいち)

即成院・・・光明山と号する真言宗泉涌寺派の寺で正暦3年(992年)、恵心僧都が伏見に建立した光明院を始まりとし本尊・阿弥陀如来像を始め二十五菩薩座像が安置され、境内には那須与一の墓と伝えられる石造宝塔があります。寛治年間(1087〜94年)、関白・藤原頼通の第三子・橘俊綱が、荘厳な山荘(伏見殿)造営にあたり当院を持佛堂として傍に移設、伏見寺または即成就院と呼ばれていた。文禄3年(1594)豊臣秀吉の伏見城築城のため、深草大亀谷に移転し、さらに明治に至り、廃佛毀 釈の法難に遭い廃寺となり、本尊諸尊は当院の本山である泉涌寺の仮堂に移された。その後本寺である法安寺である合併、更に明治35年(1902年)、泉涌寺総門の現在地で再興され即成院と呼ばれます。那須与一・・・平家物語、源平盛衰記などで知られる那須与一は栃木県下野の生れで源義経の命により出陣し屋島の戦では平家が軍船上に一竿を建て竿頭に日の丸の扇を掲げ、これを射よとの挑戦に義経は与一に射落とすように命じました。与一は馬を大浪小浪に荒れ狂う海中に乗り入れ扇をめがけて矢を放てば見事に要を射て平家の水軍敗退の因を完遂した与一は、この戦功によって丹波、信濃、若狭、武蔵、備中の五州を受領し下野守に任官し、御礼言上の為に上洛参内した帰途、即成院(伏見桃山)に参篭し武門の名誉を捨て出家し小庵を結び当寺で没したと伝えます

本堂 日本医学の発展に貢献した人を祀る医聖堂 観音寺俯瞰
即成院(泉涌寺七福神めぐり第1番 福禄寿) 境内  えぇなぁ〜 (@^▽^@)

御陵衛士(ごりょうえいじ)

慶応3年(1866年)3月16日、新撰組参謀・伊東甲子太郎(いとうかしたろう)は近藤、土方らと思想の違いから藤堂平助、篠原泰之進、加納道之助、斉藤一(間者)ら12名と伴に新撰組を脱退し泉湧寺塔中戒光寺の長老・湛然の仲介によって孝明天皇の御陵衛士(御陵守護の任)を拝命し薩摩、長州の動向を探るという事でした。最初は五条大橋東詰の長円寺に屯所を構え慶応3年(1866年)6月、山陵奉行・戸田大和守忠至の配下となり長円寺から東山の高台寺内の月真院に移り門に「禁裏御陵衛士(高台寺党)」と看板を掲げ勤王、倒幕活動に従事し朝廷より使用を許された十六弁菊の幕を張ったとされます。御陵衛士の活動費は薩摩藩から出ており、一日800文という羽振りの良い生活でした。慶応3年(1866年)11月18日、近藤勇は金子の用立て、国事の相談があると自分の妾宅に伊東を招き酒宴を催し、帰路の伊東を大石鍬次郎らが待ち伏せて槍を以って暗殺した一連の油小路の変で御陵衛士(高台寺党)は大打撃を受けて解散し以降は薩摩藩に身を寄せました。

本堂 那須与一墓所 御陵衛士之墓(奥左〜毛内、伊東、藤堂、服部)

塚本社跡田中神社(稲荷神社境外摂社)

塚本社跡・・・藤森神社の本殿内に合祀されている塚本社の旧鎮座地は、東山区本町通り16丁目で民家の裏側にあります。塚本とは、古墳の下方をいい、広くその付近をいう。古墳を信仰形態化し神として祀ったのが、塚本社です。藤森神社の縁起によれば延暦4年(785年)、廃太子早良親王(さわらしんのう)を崇道天皇と称し塚本の地に斎き祀るとあり当地は早良親王を祀る神社とされますが伝説に過ぎず平安時代に流行った御霊信仰によって崇道天皇を祀ったとされます。後に淡路廃帝(淳仁天皇)、九条廃帝(仲恭天皇)を祀るとも言われたが、いずれも廃太子、廃帝によせた庶民の同情心にかかる伝承を生み出し御霊は後に御陵となり廃帝の御陵と言われ現在、陵墓参考地に指定されています。田中神社(稲荷神社境外摂社)・・・和泉式部が稲荷に詣で、田中明神附近で時雨にあい困っている時に、田を刈っていた一人の童が「あを(雨具)」を貸してくれました。帰りには晴れていたので、その「あを」を返しました。その翌日、童が式部の所へ艶文を持って来た時、哀れと思い部屋へ招き入れたと言う話が残っています。

塚本社跡(陵墓参考地) 田中神社(稲荷神社境外摂社) 京阪電車
JR奈良線

夕陽が二つ?! \(◎o◎)/!どんだけ〜

京都市営地下鉄・竹田車両基地

Tourist  2007.11.19(M)

 

関連サイト

はんなり雅な古都迷走案内「名をきけば・・・」

はんなり雅な古都迷走案内「名をきけば・・・」

錦秋の伏見界隈を歩く・・・

錦秋の伏見界隈を歩く・・・

晩秋の東山々麓わびさび歩く

晩秋の東山々麓わびさび歩く

東福寺、泉涌寺山内七福神めぐり

東福寺、泉涌寺山内七福神めぐり

新撰組幕末回廊散策その3

新撰組幕末回廊散策その3    

 

戻る 洛雅記2007年探訪コラム

 

inserted by FC2 system