ちょっと洛南花めぐり・・・伏見、八幡ポタ

 

男山 仰ぎてうくる 破魔矢かな   高浜虚子

 

草津の湊〜魚市場跡〜戊辰役東軍戦死者埋骨地〜流れ橋(上津屋橋)〜石田(いわた)神社〜庄屋屋敷(伊佐家住宅/重文:江戸期) 

 

新(東)高瀬川左岸堤防道 桂川(上)、鴨川合流地(草津湊) 桂川(左)、鴨川合流地(草津の湊)
草津の湊

下鳥羽は、古くは草津と言い木津、今津とも言われ船で西国に赴く人達の乗船地で道路交通上重要な遺跡地です。延喜元年(901年)、太宰府へ流された菅原道真、「平家物語」によれば保元元年(1156年)、讃岐国(香川県)へ流された崇徳上皇、治承4年(1180年)、厳島神社へ行幸の高倉天皇、建永2年(1207年)、法然上人が讃岐国へ流された時も当地より乗船したと伝わります。又、瀬戸内海の鮮魚などが陸揚げされ都に運ばれた水路、陸路交通の中継地として重要だった河川港でした。

桂川下流(淀、八幡方面) 舟のりば跡碑(草津の湊)、柳谷観音道標碑
魚市場跡碑

明治10年(1877)まで生魚市場として賑わった横大路魚市場の記念碑で大正8年(1919年)4月、大橋家が的場正三郎の撰文により建てたものです。現在の碑は台風で倒壊した原碑を復元し昭和60年(1985年)に新たに建立されました。

羽束師橋@嵐山サイクリングロード 魚市場遺跡碑 桂川(嵐山)サイクリングロード案内図
戊辰役東軍戦死者埋骨地(愛宕茶屋碑)

桂川堤防沿いにあった愛宕茶屋は、戊辰戦争の激戦地でした。桂川の堤防(嵐山サイクリングロード)下にある大銀杏の木傍に「戊辰役東軍戦死者埋骨地」の慰霊碑が建っています。

秋桜・・・えぇなぁ〜 (@^▽^@) 淀、八幡方面へ・・・ 戊辰役東軍戦死者埋骨地(愛宕茶屋跡)
宮前橋(淀) サイロ工事中につき迂回中(R478)・・・(>_<) 御幸橋(宇治川)
宇治川 御幸橋(木津川) 新御幸橋建設中・・・
京阪電車木津川鉄橋@サイクリングロード 木津川左岸のサイロを流れ橋へ・・・ 国道1号線木津川大橋
第2京阪国道(高速道工事中) 間もなく・・・流れ橋(上津屋橋:こうづやばし) 茶畑と流れ橋
流れ橋(上津屋橋)

木津川に架かる全長356m、幅3mの日本最長級の木造橋で正しくは上津屋(こうづや)橋と言います。木津川の増水時に渡板まで水が浸かると渡板が流されますが、渡板がワイヤーで繋がれている為に水位が下がればワイヤーを引張って修復出来る橋構造になっている事から流れ橋と呼ばれています。時代劇の撮影にも利用されている橋でTV、映画で見た事があるかと思います。昭和28年(1953年)3月に架橋されて以来、平成16年(2004年)9月20日、増水で16回目の被災(流失をしました。過日、某局の探偵ナイトスクープで「時代劇の撮影などでよく使われる流れ橋の板は何枚?」との調査依頼があり、依頼者とN.S探偵が何度も何度も数えてましたが・・・だいたい1784枚?!(爆)\(◎o◎)/!どんだけ〜・・・正確に断定できないところが・・・オッパッピ〜で・・・えぇなぁ〜 (@^▽^@)

流れ橋碑 秋桜と流れ橋 流れ橋(上津屋橋:こうづやばし)
日本最長級の全長356m、幅3mの木造橋の流れ橋(上津屋橋:こうづやばし)の板は探偵ナイトの調査で1784枚?!だいたいやな〜でつ?!(爆)
石田(いわた)神社

岩田村の産土神で神社は東岩田、西岩田、上津屋(こうづや)の三ヶ所に分祀されています。石田君(いわたぎみ)の始祖・五十日足彦命(垂仁帝皇子)を祀る石田氏の氏神です。石田氏に関しては不詳ですが当社が延喜の制に大社に列せられ月次・新書に預かっている事から有力な氏族であったと推察されます。上津屋の石田神社境内には吉野時代作の十三重石塔が一基あります。昔、岩田地域は綿産地でした。ある時、村人達が綿の収穫をしていた時、都から姫様の一行が、当地を通りかかりました。姫様が急に産気づき、一行が騒いでいるとそれに気付いた村人達が近くの小屋に収穫した綿を敷き詰めて姫様を寝かせ無事に出産できました。それに因んで岩田地区では綿で布を織り毎年の正月に厄除けを祈願して石田神社に奉納し、拝殿の鈴に結わえ妊婦が5か月目になると、その鈴に結わえた布を分けてもらい安産を願ってお腹に巻きました。これが安産祈願の岩田帯の発祥だと伝えます。

岩田帯発祥の地・石田(いわた)神社 解説 十三重石塔(吉野期)
庄屋屋敷(伊佐家住宅/重要文化財:江戸期) ★非公開

享保19年(1734年)に建てられた入母屋造で正面には、屋敷に通じる路の両側に堀割があり木津川の水を利用して防禦と水利を兼ねたもので環濠住居と言います。1mにも及ぶ厚さの茅葺屋根は豪壮でそれを支える梁組や柱の木柄は太く、どっしりとしています。茅は巨椋池畔の水芦を用いたが、同池の干拓によって茅の生産がなくなり確保が難しく内部は奥座敷、仏間の二間に縁を巡らし、書院風に構成され庄屋屋敷に共通する間取り手法で都に近かった為か雅な風情を醸し出しています。

拝殿 本殿 庄屋屋敷(伊佐家/重要文化財:江戸期)
庄屋屋敷(伊佐家/重要文化財:江戸期) 収穫間近の黄金色に色づく稲穂 八幡を代表する秋桜畑
辺り一面の秋桜・・・じゃない!(>_<)ガビ〜ン けな気で・・・えぇなぁ〜 (@^▽^@) 更に・・・ズ〜ム!!!(^^ゞ
八幡市民スポーツセンター(体育館) 創建等、由緒不明の旧村社・若宮八幡宮(佃森若宮社)
曼珠沙華(まんじゅしゃげ:彼岸花) 拝殿 参拝しまつた・・・仁徳天皇を祀る本殿
黄金の絨毯のよう・・・ 藁しべ軍団じゃ〜\(◎o◎)/!どんだけ〜 第2京阪国道(高速道工事中)
サイクリングロードへ進入 男山、天王山方面・・・ 国道1号線木津川大橋
木津川@国道1号線木津川大橋 第2京阪国道側道を快走・・・赤信号! (>_<) 久御山JCT
第2京阪国道側道を快走ing・・・O(^◇^)O かつて広大な巨椋池が広がっていた干拓田 夕暮れ迫る・・・黄昏の宇治川

Tourist  2007.10.15(M)

 

関連コラム

洛雅記

伏見水郷、前川堤、背割堤(剣先)・・・洛南桜花めぐり

洛雅記

桜花つれづれ・・・背割堤(剣先)、伏見水郷めぐり

伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり

伏見、久御山、八幡の洛南名残り桜めぐり

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策(Pちゃんズ)

桜花繚乱・・・背割堤、石清水八幡宮散策

流れ橋、八幡散策

流れ橋、八幡散策

山城散策

山城散策

浪漫ちっく華街道

浪漫ちっく華街道

 

戻る 洛雅記2007年探訪コラム

 

inserted by FC2 system